面接担当ブログ

税金徴収しているお店の危険度

10年ほど前までは女性のバックから天引をするデリヘルはありませんでした。
最近では雑費や税金を天引きするお店が比較的多くなってきているようです。

雑費を天引きする理由

雑費は、ホテヘルやソープなどの昔ながらの風俗店が、
ローションやグリンス、イソジンなどをはじめとして、
女性がお仕事で使用する備品や消耗品の経費として
徴収していたようです。

デリヘルに関しては、その多くが風俗経験のない方々が
開業をしたこともあり、雑費という概念が無かったので
デリヘルには雑費が無かったのですが、風営法などの改定や
箱ヘル、ホテヘルがデリヘルに参入してきたことで
雑費を徴収する店が増えてきたのが要因の一つです。

もう1つは女性のバックを高めに設定して
雑費で天引きすることで経費を抑えるなどで
雑費を活用しているお店もあるようです(笑)

税金を徴収する店の危険度

(1)女性から税金を徴収して納税をしている
(2)女性から税金を徴収して納税をしていない

税金を徴収しているお店は上記のいずれかに該当しますが、
危険なのは。。。
(1)女性から税金を徴収して納税をしている

納税しているということは、
貴女の収入を申告しているということです。
税金を払っているのだから危険ではない。。。と思えますが、

風俗でお仕事をしている女性の全てはお店と雇用関係にはありませんから
所得税として徴収されているとしたら風営法上では違法です。

本来は別の税法で納税する必要があります。
税率が違うので、徴収されるのは10000円の手取りだったら
800-1000円が天引きされることになるはずです。
この金額でなければ所得税で計算されていると思ったほうが良いです。

詳しい説明は難しくなるので簡単に。。。

違法ではありますが、
店が所得税として処理しているのであれば、
納税をしているので貴女個人としては問題無しです。
ただし、ご主人様がいる場合は、
ご主人様の所得税率が変わるのでバレます

お店が貴女を個人事業主として処理をしてる場合は、
収入に対しての所得税を自らする必要があります。
これを怠った場合。。。
税務署には貴女の名前で消費税を納税しているので、
後に税務署が貴女の収入に対する所得税を
実際の収入から換算した金額で課税されることになります。
同時に、ご主人様がいる場合はご主人様の所得税率も
変わってくるのでバレますし、ご主人の会社にも
迷惑がかかることになると同時に怪しまれます。

いずれの場合も、
女性から税金を徴収して本当に納税をしているのであれば
バレるのは確実ですし大事(おおごと)になります。

女性から税金を徴収して納税をしていないのであれば
単に貴女が都合よく搾取されているだけなので税金関係でバレる可能性はありません(笑)

女性からの税金徴収は不要

結果的に、女性から税金を徴収しなくても店として納税をして
優良経営をしているお店はたくさんあります。

中には納税をしていないで税務署が入って。。。というパターンも
少なくはないですけど(笑)

ミセスラウンジ東京は一般事業を経営している法人の
一事業部として運営をしており、
20年以上の取引をしている公認会計士の監修の元で
税金関係で女性に危険が及ぶことに対する施策をしています。

ご家庭があろうが、自営のお仕事をされていようが、
会社にお勤めでも安心してバレずに高収入アルバイトに
臨んで頂ける環境を確立していますのでご安心下さいませ!

複数の会社経営をしている経営者が万全の対策を施しています(^^)v

-面接担当ブログ

関連記事

人妻熟女デリヘルの12月の売り上げと女性収入

人妻熟女デリヘルに限らず、年に2回ある繁忙期の一つ、年末年始の稼ぎ時の真っ只中! 全体的に若干遅い時間帯に偏りつつはありますが、例年のごとく新規のお客様からリピーター様まで毎日多くのお客様にご利用を頂 …

no image

お盆休みの人妻デリヘル

毎年、お盆休みは比較的お客様からのコールが減少気味になるのですが、2017年の今年に関しては多少の波はありましたけど、例年の『あぁ~お盆休みだぁ~』のような状況にはならず、平日と変わりのない良い意味で …

お金持ちはケチ

風俗のお客様として「堅実なお金持ち」が一番

「お金持ちはケチ」という言葉を聞くことがあると思いますが、ミセスラウンジ東京のような昼間がメインのデリヘルや、夕方から営業のドライバーさんがお客様のもとへお届けするタイプ、アロママッサージ系なども幅広 …

高収入アルバイトは高単価が絶対にお薦めです

低単価で接客人数をこなすことで実現する高収入と、 ある程度の単価で、余裕のあるお客様の接客による高単価の高収入とは 目的としては大きく違います。 低価格店ではたらくリスク 低単価で営業しているお店は …

男性スタッフ面接で採用しないパターン

女性求人サイトなので、直接は男性スタッフの採用に関しては関係はありませんが、実際に採用になった場合には女性との直接的な応対となりますので、どのようなスタッフを採用するのかは、女性にとっては安心してお仕 …